何とか生き残っています。みなさんお元気ですか?
TOPフリーエリア
ザイ FX
毎朝為替相場の注目材料をチェックしています。

一ヶ月ぶりの更新。

日足よ週足のラインでスキャルするのに変更。

とにかく勝率と獲得pip数の安定に正直驚いている。
メンタルの安息もある。

というのは長く持つことでかなりのストレスが自分には負担になっていたことがわかった。

1日40pipぐらいかあと思っていたけど70pipをコンスタントにとっている。

早くからこっちにシフトするべきだったなあ。

昨日思いのほかどれも動きがない。

ポンド円とユロ円のロングで少しだけ。

チャートから判断すると上値にまだ余裕があるように思えるのだが、日足のチャートからショートの目線。

本日のロングも長くもてないと感じた。

ポンド円141.8ラインでロング
ユロ円120.7ラインでロング

ポンド円に関しては週足のラインまでの余裕があるのだが、ユロ円は週足からショートの目線はもっている。

明日次第でショートもありえそう。

ノートレード

トレンドは昨日のチャートからわかりやすいけれど、ラインの条件で入れるものがなかった。

相変わらずポンドドルは方向感がわからないですね。
トレンドの読みとラインがしっかり合致したのが、ポンド円とユーロ円。

どっちもいいのだけどポンド円で少し。

日本時間にオージー円がよかった。

最終的には指標があってどうしてももてなかった。

正直、指標ってきっかけでもう行く方向は決まっているけど、タイミングは指標のときにしようと決めてるようだ。

トレンドの読みはあってるけど、やっぱりヨーロッパが始まって、全戻し喰らうと自信なくすね。

そこらへんは経験とメンタルなんだけどまだなれないなあ。

どこからどこに向かっているのか(トレンド)の読みがうまくなってきたなあ。
今日はそれだけでも収穫です。




トレードルールに合った通貨がないのでノートレード

トレンドは読みやすい通貨がいくつかあるが、ラインの条件に当てはまらないのでしょうがない。

明日に期待します。

入りたい通貨がなかったのでノートレとなった。

昨日ポンドドルのトレンド変更と考えてロングしようと思っていたが、どうもチャートに違和感を感じて入らなかった。

結果としてよかったんだけど。

今週はユロドルが素直に動いていたなあと思う。

自分のトレードの柱として、トレンドとラインの二つを主要武器として相場に立ち向かっているのだが。

ユロドルは週足ラインできれいに反転して、当面の目標値1.062まで素直に下落した。
それに比べて、ポンドドルは1.242までの下落の後の変な戻りをしているので、こういったチャートのだましみたいなのがあるとやりにくい。こういうときはやらないに限る。

ドルストレートでユロドルとドル円は素直だなあというのが週足の動きを見ていてもわかる。
ストレート通貨はこういうもんなのかな。

とりあえず週足の流れ、日足の流れからしっかりトレンドの読めるカンタンなのをやればいいね。

やりにくい、違和感なんかがあったらやらないほうがいい。
そう思えるのもひとつの成長かなあ。

トレンド読みとラインの精度を上げる。
自分はそれに尽きるなあ。