何とか生き残っています。みなさんお元気ですか?
朝からドル円とユロドルが悩ましい位置。

ユロドル/ドル円ともに逆相関で動くもののどうも節目になるラインがどちらも気に入らない。

ユロドルが週足の先端を目指すと先週から思い込んでいるが、ラインの信用性が低いのでポジションは取る気にならない。

ユロドル1.077 ドル円112.5 この位置で疑問を持ったのが正解だった。

ヨーロッパ時間にユロドルが崩れる。

信頼できるラインがドル円にないので、ドル円のロングは控えて、ユロドルのショートに目線を移す。

ユロドル1.0755のラインを抜けた後の戻りでショート。このラインが抜けたらショートは強いだろうと確信。
ラインもここなら信用性が高いのが前提だった。

指標(23時)までの間は下げると思いながらも、正直1.070のラインは強いので指標前にそこにきたら利食いのシナリオを立てる。

ユロドル、ドル円、ユロ円の関係を見ると今日はユーロ主体の動き。
こういうときはユロ円がよく動く。

ユロドル↓ ドル円↓ ユロ円↓のパターン たまにあるけど忘れちゃいけない。

指標待たずに利食い。
ただ、正直明日のシナリオを立てるのが難しい。

ドル円、ユロドルどちらも同じように動いているので、やはりドル主体で動いて、逆相関が好ましい。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mocoking.blog88.fc2.com/tb.php/505-5c01eaa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック