何とか生き残っています。みなさんお元気ですか?
昨日に引き続き組み立てについて書いていこうと思います。

多分今日も徹夜ですね・・・・(ーー;)
こういうときに文章を上手くかける人が羨ましく思います。



組立てと言っても前回の記事に書いたように、パーツの取り付け位置は決まっているので、どこに取り付けていいのか・・・?という迷いはおきないかと思います。
取り付ける位置が、そこしかないだろうって・・・いうくらい少ないですし、ソケット(パーツの取り付け端子)の形もわかりやすくなっていますから。(+_+)





簡単に言ってしまえば、全部のパーツくっつけて、
ケースに押し込めば終わり

ってことなんですけど・・・・



ここまで書いておいて、これじゃあ納得できませんよね。
自分も納得できないので、きっちり書きます(+_+)


続きを読むからどうぞ↓

では、武者さんのPCの自作工程を説明していくことにします。


mb2

わかりやすいようにマザーボードの画像を載せておきます。
サムネイルをクリックして拡大しておくと説明がわかりやすいと思います。



まずはマザーボードにCPUを取り付けます。前回CPUは人間で言えば「脳」にあたる部分と書きましたが、それだけ取り扱いも重要な部分になります。


cpuc
マザーボード側のCPUソケットのカバーをはずします。

cpum
カバーを外すとこんな感じになっています。
赤丸で囲ったところにあわせてCPUを取り付けます。

cpur

CPU側にもキリカキ 三角印あります。
間違えると高価なCPUが台無しに(ToT)/~~~ 4万逝きますので注意(+_+)



cpu4

問題なく取り付け完了


cpuco

カバーを下ろして、しっかりレバーを固定
ここまでが一番緊張します。
朝一の取引ぐらい緊張するかな~(>_<)



この後、CPUクーラーというものを上に取り付けます。
基本的にCPUと一緒に売られていますので、別途購入の必要はありません。
CPUクーラーの役目は、CPUは電流を流すと発熱するのでこれを冷却するために取り付けます。
精密機械ですから、熱には弱いんですよね~


fan1


CPUFANの裏 銅の部分とCPUが接触します。金属同士がしっかり引っ付くようにグリスが塗ってあります。
熱で溶けて、満遍なくいきわたるようになります。

fan

cpufan

取り付け完成画像 CPUクーラーの冷却用FANの電源はマザーボードから供給されます。(赤丸部分)
FAN用の端子を差し忘れるとCPUが冷却されませんので動作が不安定に・・・・



今日はここまで(ToT)/~~~

その二に続く・・・・・
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
是非相談してください。

これぐらいしかお役に立てないですけど・・・・

株取引の腕前は、まったく比べ物になりませんので・・・・(>_<)
2007/02/24(土) 22:35 | URL | mocoking #-[ 編集]
お久です。わたしのPCもいきなり画面にノイズが走り調子悪くてだめです 原因がわかりませんのでまた相談に乗ってください。
2007/02/22(木) 08:46 | URL | pmc #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mocoking.blog88.fc2.com/tb.php/35-6bfc0280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック