何とか生き残っています。みなさんお元気ですか?
TOPフリーエリア
ザイ FX
毎朝為替相場の注目材料をチェックしています。

朝起きてチャートの確認。

ポンドドルの戻しに、利確してよかったと思う。

しかし、このチャートから今日のシナリオが難しい。



昨日のシナリオでは、ユロドル/ポンドドル ショート ドル円はロングだが、ヨーロッパ時間にならないとわからないのかなと手控える。

ドル円はラインがいい位置なんだけど、トレンド変換のときによく負ける位置なんだと思う。
ここにはめ込まれて、その後踏み台になる位置 このラインはトレンドが変わるまでは絶好にいいポイントなんだけど、ドル円が週足ベースで反転したと考えると、ここは注意が必要。

週足が陰線から陽線になってないのが気にかかるのと、週足のラインまで若干残して反転したのも気になる。

ヨーロッパ時間以降、やはりユロドルショート、ドル円ロングで入りたい。ポンドドルはラインがいい位置にないのでうまく入れないと思う。

もし入るとしたら1.2498を抜けてこのラインが抵抗になってからだと考える。

ヨーロッパ時間からどの通貨主導なのかばかり考えていて、うまくまとまらずノートレ。
アメリカ時間に突入してからドル主体で動いたけど、ユロドル、ポンドルが上昇、ドル円下落でまったくの逆に動いてしまった。


明日の朝次第だけれどもやっぱり、ユロドルショート、ドル円ロングのシナリオは持っておきたい。
ドル円は明日の朝までに週足の気になるラインまでつけにいって、本当の反転かなあと思っている。


ポンドドルはほんとにわからない。

ユロドル、ドル円に絞ってトレードだな
朝からユロドルとドル円の動きを様子見。

昨日のようにユーロ主体だとやりにくいが、ユロドルの下げにドル円が連動しないので、今日はドル主体だと考える。
ユロドルはラインからきれいに下落したので間に合わず、昨日から狙っていたポンドドルがまだ下落していないのでこちらを候補とした。

ポンドドルは1.249あたりのラインでショートと考えていたが、少し下の位置できれいな陰線がでたのでポジションを取った。

1.241まではシナリオとしていくと思っていたのだが、ヨーロッパ時間が先にきたので利食いをした。

その後1.241を抜けてさらに下げるわけだがこれはしょうがない。

予想通り、ドル円は週足の位置できれいに反転している。

明日はドル円ロング、ユロドル/ポンドルショートのわかりやすいチャートで勝負だ。

朝からドル円とユロドルが悩ましい位置。

ユロドル/ドル円ともに逆相関で動くもののどうも節目になるラインがどちらも気に入らない。

ユロドルが週足の先端を目指すと先週から思い込んでいるが、ラインの信用性が低いのでポジションは取る気にならない。

ユロドル1.077 ドル円112.5 この位置で疑問を持ったのが正解だった。

ヨーロッパ時間にユロドルが崩れる。

信頼できるラインがドル円にないので、ドル円のロングは控えて、ユロドルのショートに目線を移す。

ユロドル1.0755のラインを抜けた後の戻りでショート。このラインが抜けたらショートは強いだろうと確信。
ラインもここなら信用性が高いのが前提だった。

指標(23時)までの間は下げると思いながらも、正直1.070のラインは強いので指標前にそこにきたら利食いのシナリオを立てる。

ユロドル、ドル円、ユロ円の関係を見ると今日はユーロ主体の動き。
こういうときはユロ円がよく動く。

ユロドル↓ ドル円↓ ユロ円↓のパターン たまにあるけど忘れちゃいけない。

指標待たずに利食い。
ただ、正直明日のシナリオを立てるのが難しい。

ドル円、ユロドルどちらも同じように動いているので、やはりドル主体で動いて、逆相関が好ましい。



ユロドル/ドル円の逆相関から考えると、いまだに週足で陽線のユロドルはロング、ドル円はショートと考えられる。

ドル円は週足で111.44を狙いにいくと思うし、ユロドルは1.087を目指すと思える。

なぜならそこに大きな節目があるのは確かだから、ロング、ショートどっちの立場でもそこを意識しない人はいないからである。

問題はポンドドルである。

ユロドルとの相関性からロングだと思うんだが、週足は陰線をつけていて、ショートのトレンドから1.242を目指すと思われるからである。

来週から各節目ラインに届いた後の流れが本流となるのでそれを意識してトレードしないと。

それがいつになるかわからないけどね。

松井証券 相関係数
雇用統計があるので、それまでにトレードしたい

昨日の負けからポンドドルはショート 相関からユロドルショート ドル円ロングのシナリオ

ただ注意しないといけないのはポンドドルは週足で陰線なのにユロドルはいまだに陽線なこと。

ユロドルショートの1.077のラインは信頼性が低いのでポンドドルのショートを選択。

ドル円の112.5のラインも信頼性は低い。
ポンドドル1.254ラインでショートで目標値はあるけれど雇用統計前に利食い

雇用統計後にユロドル、ドル円がラインを超えられている、やっぱりあの位置はラインとして信頼できない。

前日のFOMCからユロドルロング、ドル円ショートのシナリオ

ただ、入るところにラインがないのでスルー

ポンドルがアメリカ時間に落ちてきたので、1.254あたりでロング

下に抜けたのでロスカット 

明日のポンドルはショートに決定。

この位置のロングなら負けてもしょうがない。